Loading...
X

保証会社の代位弁済があればモビットは利用できない?

過去に銀行カードローンなどから借り入れを行い保証会社から代位弁済を受けていたのであれば残念ながらモビットでの審査には通らないでしょう。
個人信用情報機関に、代位弁済が行われたという記録が残っておりその間はモビットだけではなくどこの消費者金融でも、銀行ローンでも、クレジットカードも、そして携帯電話の契約も金銭に関わる契約の一切がモビット審査に通りません。
なぜなら、代位弁済は立派な金融事故、つまりよく聞くところのブラックだからです。

個人信用情報機関とは、個人の債務に関わる情報を集約している民間企業です。
日本には3つの個人信用情報機関がありますが、金融機関や金融業者などは情報の漏れがないように3つの個人信用情報機関すべてに加盟していることが多くなります。

その中には異動情報というものがあります。
個人信用情報機関では加盟している会社や期間が登録した情報の管理しか行うことができませんが、唯一異動情報だけは3つの個人信用情報機関が共有しています。
それほどに深刻な情報ということです。
代位弁済のほか、踏み倒しや、3か月以上の返済の遅れ、債務整理もまた異動情報として共有されており、それらの情報が登録されている期間は審査に通ることはありません。
過去のキャッシングに心配はないでしょうか。
堅実な利用をしていたでしょうか。
今、審査に通過できるかどうかは現在の収入だけが問題になるのではなく過去の実績も支えになっているものです。