Loading...
X

首のいぼが痒くて痛いときの原因とは

首のいぼは加齢に伴ってできるイボが殆どです。早い人で20代からでき始める場合もあり、年齢と共に数が増える傾向にあります。首のいぼは痛いと感じることはなく60代にもなると1つや2つはできることがあります。首のいぼは更年期以降の女性や肥満傾向にある人にできやすく、年齢に伴ってできた首のいぼが大きくなるケースもあります。短期間に大きくなったいぼでなければ良性なので心配することはありません。
首のいぼは通常は痒みや痛いと感じることはありませんが、痒みがある場合はワイシャツの襟やタートルネックなどを着ている時に感じることがあり、それは衣類の摩擦で刺激を感じているということです。痛い時はネックレスなど突起したものにいぼが引っかかり痛いと感じることがあります。いぼが大きくなっていて痒みや痛みを感じる場合は皮膚科に相談して治療することもできます。早めの治療であれば傷跡が残らず色素沈着も防げます。
加齢によってできた首のいぼはうつることはありません。このようないぼに触っても感染することはないため心配ないのです。
加齢によってできる首のいぼは予防することもできます。摩擦や紫外線など皮膚がダメージをうけたことが蓄積することで首いぼはできるため、紫外線などを防止したり、皮膚や衣類での刺激を避けたり、皮膚の保湿を心がけます。また、代謝を高めることも予防する方法のひとつです。首いぼは新陳代謝が悪くなることで悪化することもあるため、適度な運動を心がけ、オイルなどでマッサージをして角質を取り除くことも予防には効果的です。
首のイボの取り方・治し方│皮膚科で治療しない!除去方法とは?はこちら